kangaeruhito777さん

2017/9/2419:07:02


<思考停止の日蓮正宗狂信者達>は、こう誹謗し続けています。


「創価学会の本尊は『ニセ本尊』『コピー本尊』だから誹謗しても良いのだ」

それに対して、

*マトモな思考能力をもった

人間は、

1、日蓮正宗の信者のくせに《日蓮大聖人御真筆本尊をも誹謗しているのが日蓮正宗》であることも知らないのか?

2、釈尊直筆の法華経など存在しなのだから、大聖人が「法華誹謗は亡国無間地獄」と教え続けられた法華経とは、書写やコピーした法華経の事だぞ!

3、信仰者にとって己の御本尊は信仰の対象であって、骨董品のように「ニセ物」など無いぞ!

4、大石寺の大御本尊は、少なくとも《大聖人とは別人が模刻したコピー本尊》なのが、大石寺法主も認める現実ではないか!
《大聖人とは別人が模刻したコピー本尊》を唯一絶対として日蓮大聖人の "直筆" の御本尊をも誹謗するなど、気が狂っているとしか思えないぞ!

5、日蓮正宗信者が拝んでいる本尊は、
《その別人によるコピー本尊をさらに別人がモノマネしコピーした本尊》なのが現実であり、
自分たちは《別人によるコピー本尊をさらに別人がモノマネしコピーした本尊》を毎日平気で拝みながら、人様の御本尊を誹謗し、日蓮大聖人御真筆本尊をも誹謗する宗派に居るとは、こんな独善的な狂い切った宗教信仰が、世界の何処にあるのだ???????

と考えますが、皆さんは、どう考えますか?


>>日蓮正宗と創価学会信者達の御本尊誹謗の言い訳の数々を破折する!
http://nammyohorengekyo.blog.jp/archives/1033972021.html



  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:11:45

    前にも私の質問に回答された方ですね。
    私は、貴方宛に質問を立てましたが、貴方からは返答がありませんでした。

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111778477...

    貴方が、根拠ゼロの自分狂信者ならば、なにを言っても意味がありません。
    今回も返答なしで終わりですか?


    >質問者さんは何がされたいのですか?日顕宗破折?とはいえ学会員さんでもないし……。私は創価学会と日蓮正宗の両方に所属しています。

    私は、日蓮大聖人の仏法の信仰者です。
    言うまでもなく、私がしているのは、日蓮大聖人の金言を基準とする実践です。
    貴方は、迷い道ふらふら、どっちつかずの信心ですね。
    すっかり日蓮大聖人が、自分の【根源の師】である事を忘れたようですね。

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:12:30

    >批判は良いと思いますが目的が見えない。「自分は正しい」と証明されたいのでしょうか?「英知を磨くは何のため」ですか?対案の無い批判はただの批判であってそれが何かを生むことはないと思います。

    あのね。
    私がしてるのは、破折です。
    日蓮大聖人の金言を基準とする破折です。
    破折の目的ぐらい知っているでしょう。
    貴方のように根拠無き自分の考えを振り回しているのではありません。

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:16:54

    >①日蓮正宗では「日蓮正宗の管轄外の曼荼羅を当宗の信仰ではない」という意味の内容を指しておられるのでしょうか。それならば創価学会員様は「創価学会員は創価学会の曼荼羅御本尊」以外は認めていないですから同じですよ(笑)

    貴方も何も知らないようですね。
    日蓮正宗では、日蓮大聖人直筆の御本尊にさえも「魂がない」と教えているのですよ。
    日蓮大聖人直筆の御本尊にさえも「法主の感得(開眼)が必要」と教えているのですよ。
    私は、創価学会員ではありませんよ。
    だから、日蓮正宗も創価学会も本尊を信者を隷属させる道具に使っている邪教団だと言っているのですよ。

    ↓お読みください。

    >>』日蓮正宗と創価学会信者達の御本尊誹謗の言い訳の数々を破折する!
    http://nammyohorengekyo.blog.jp/archives/1033972021.html

    >>これまであった質問にシンプルにお答えします。
    http://nammyohorengekyo.blog.jp/archives/1033971913.html

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:19:56

    >②釈尊は口伝ですから現物など無い〜

    だから、本尊がコピーなのかどうかは問題ではなく、日蓮正宗の「御本尊に開眼が必要」などと言う考えは、
    日蓮大聖人の「御本尊で開眼しなさい」との教えを
    「御本尊に開眼が必要」とした「最も逆」な狂った思考なのですよ。


    >』③それも同意です。例えば故・宮沢賢治氏が信仰されていたのは手帳に書かれた御本尊で有名ですから。ちなみに私の元嫁は創価学会の白蓮でしたが、アメリカに留学した際、ルーズリーフにマジックで「南無妙法蓮華経」と書いて祈っていましたから。白蓮内でのあだ名は「法主」ワロタ!

    そうですね。
    宮沢賢治の本尊の写真を観た事があります。
    元奥様は、ある意味、柔軟な知性をお持ちだったとも言えます。
    軽善謗法を恐れる私にには出来ない事です。

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:22:44

    >④〜私「大聖人は墨に染め流したと書かれているのに何故?本門戒壇の大御本尊様は木なのでしょうか?」ご住職は大笑いされた後「うつされたんですよ。君ならわかる?うつされたの」
    私「移動すると書いて移されたのでしょうか?」
    ご住職「そう!うつされたんです!」

    それは、判りやすく言えば、日蓮大聖人の霊魂が、紙から木に乗り移ったと言うオドロオドロしいお話なんでしょ。
    だから日蓮正宗を《カルト外道教団》と呼んでいるのです。
    私が皮肉って、大石寺の大御本尊は「日蓮が魂を墨に染め流さずにコピーして候ぞ」だと言っているのがこれです。
    「墨に染め流した」が、詩的表現であることすら判らないのです。
    本当に魂を墨に流したら死んでしまいますよ。^^
    しかも、大聖人が「墨に染め流した」と言われた本尊とは、「戒壇本尊の原本(仮)」とは、全く別の別、経王殿の親へ授与された「一機一縁」にして、しかも「おまもり御本尊」なんですよ!

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:29:54

    大聖人は、経王殿への一機一縁のおまもり御本尊に対してしか仰っていないのに、
    それを、まるで日蓮大聖人の霊魂が宿った「戒壇本尊の原本」なるものが存在し、戒壇本尊となる木材に霊魂を乗り移らせたかのように信じているのですから、ほんとに狂い切ってます。

    法華経が説いているのは一切衆生の仏性です。
    もともとから命に存在する本有の仏性です。
    仏性は移動させるものではありません!
    仏性は顕現させうるものなのです!
    宮沢賢治がしたように、貴方の奥様がしたように、南無妙法蓮華経の文字によって顕現させうるのです。
    それも私の考えではありませんよ。
    日蓮大聖人の金言を基準とすれば、そうなります。
    私は、本尊を書写する必要もなく、軽善謗法を恐れますから、しませんが、
    南無妙法蓮華経の文字は、本尊となりうるのです。

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:31:47

    >紙よりも木の方が耐用年数はちがうわな(笑)

    理由になりませんね。
    木材など、焼かれれば墨となり、現代ではダイナマイトで吹っ飛びますよ。


    >⑤ここまで全部君の主張を認めた上で、では何が質問者様の思う「本物の御本尊」なのでしょうか?

    だから、信仰者にとって信仰の対象である本尊に偽物本物は無いと言ってます。
    日蓮大聖人の御本尊と相貌が同じであれば良いのです。


    >君は「創価学会を脱会すれば幸せになる」と主張しています。私には創価学会にいて不幸になるという根拠など崩せないんです。もちろん日蓮正宗の方も救われないとならない。

    仰っていることが意味不明ですが、
    日蓮大聖人の仏法を信仰して、幸せになる条件は、謗法を犯さないことです。
    「創価学会を脱会」は、その一つにすぎません。

  • username

    質問者

    kangaeruhito777さん

    2017/9/3020:34:04

    >よろしければ「では何が一番幸せになるのか?」をお教えいただきたい。

    謗法教団から離れ、謗法を犯さず、謗法を破折する事です。
    それが日蓮大聖人の教えであり、私の考えではありません。

    ↓詳しくはこちらをどうぞ。

    >>どうすれば、早く悩みを解決できるのか?(はじめて読まれる方へ)
    http://nammyohorengekyo.blog.jp/archives/1033971893.html